Cabas

CABAS ~カバス~

私たちは、評価し合います。

従業員同士がお互いのいいところを見つけ、仲間を評価し合えるシステム。その名も、CABAS(カバス)

私たちの評価(バッジの種類)

私たちは「行動する妄想家」の集まり。

人が考え、人が動き、人が汗し、人が悩み、人が解決し、人が価値を生む。その力をどんな大企業より、どんなベンチャーより大事にしているつもりです。「人が資産」どの会社も使うこのありきたりなフレーズに、本当に血を通わせるために、私たちは少し変わった仕組みを採用します。それが、CABAS(カバス)です。 Corcusism、12の行動指針をもとに少し遊びゴコロを加えた、15のバッジを設定。従業員同士がお互いのいいところを見つ け、「これを実現したね」という仲間を評価し合えるコミュニケーションゲームです。

『誉める』を見える化する。

人は、叱られるより、誉められる方がはるかにやる気になる。
CABAS.(カバス)は、その『誉める』を、バッジという目に見えるカタチにします。(けなすバッチはありません。どこを褒めるか、だけ。そこがポイントです。) 目に見えるから、実感できる。集めようという気になる。誉められたその時だけ嬉しくて終わりではなく、ゲーム感覚にすることで、楽しく働く価値を実現していきます。
(楽しくないことは続かない。それがCorcusの一貫した考えです。)

自分の長所と課題を自然に把握出来る。

素敵バッジがたくさん集まったら、『私って皆に素敵って思われてるんだ!』とか。熱血バッジがあまり集まらないと、『けっこうクールに見られてるのかな』とか。 自分のセールスポイントと課題が見えてきます。その評価は会社から一方的に与えられたものではなく、自分以外の全メンバーからの評価ですから、言い訳ができないのです。

評価と連動。

半年に1回集計し、メダルの種類と個数は、一部、「昇給」「昇進」「異動」「独立支援」「インターンシップからの採用」などに連動します。 ふつう、会社の持つ絶対的な権限は、人事評価の権限。それを全社員にオープンに一部委譲しようという試みです。Corcusの仲間は、公平に人を評価する。そう信じて取り入れています。楽しくバッチをあげあっているうちに、行動指針を実践することになり、働いているメンバーが自然に幸せになっていく会社。 私たちは、そんな会社を目指しています。

たとえば、こんなとき

失敗を恐れずに挑んだ結果 挑戦バッジがもらえる!
失敗を恐れずに挑んだ結果

挑戦バッジがもらえる!

もっとガンバロ!
問題を解決した場合 問題解決バッジがもらえる!
問題を解決した場合

問題解決バッジがもらえる!

ヤッタ!

バッジをもらって集めると 表彰されます!

  • 1 バッジをもらう
    バッジをもらう
  • 2 スゴロクステージ
    クリア
    スゴロクステージクリア
  • 3 表彰されます!
    表彰されます!
さらに、あなたが “誉める” と、地球がよろこぶ
  • 1 かばるっ!(誉める)
    かばるっ!(誉める)
  • 2 あなたに代わって
    会社が1円貯金する
    あなたに代わって会社が1円貯金する
  • 3 貯金が一定額貯まると、
    サンゴ養殖活動に寄付
    あなたに代わって会社が1円貯金する
サンゴ養殖活動をみる

CABAS バッジとトロフィーの種類 バッジを集めてスゴロクを制覇!メダル集めゲーム!